プロフィール

SandDollar

Author:SandDollar
アロマセラピストのりえです。
茅ヶ崎海岸まで徒歩 5分の所で、プライベートサロン Sand Dollar を営んでます! 趣味はヨガ、波乗り。
sanddollarchigasaki.web.fc2.com/
Sand Dollar Facebookページ
Sand Dollar on Twitter

カテゴリ

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アロマで制汗デオドラント、再び



嵐のような夜を越えて、今日はとてもいい天気。
午後の少し傾き始めた陽射しでも、きれいに虹が煌めきます。
富士山もとてもきれいに見えました。

夏に作った制汗デオドラントジェルがなくなったので、また作る事にしました。
もう夏のように汗をかく事はありませんが、寒いからとたくさん着込んで出た時に暖房が効いている所に入った時など、私は冬でもじわっと汗をかく事はよくあります。

同じ精油ではつまらないので、ブレンドを再考することに。
前回は精油の作用だけで考えたのですが、精油の性質で考えるとやっぱり「湿」ではなく「燥」がいいかなぁ。制汗だからね。

前回選んだ精油は以下の5つでした。

・サイプレス
・クラリセージ
・ゼラニウム
・ネロリ
・レモン


制汗作用のある精油は、サイプレス、クラリセージ、スパニッシュセージ
前回はサイプレスとクラリセージを選んだのですが、性質を見るとクラリセージだけが「湿」!
サイプレスは「平」、スパニッシュセージは「燥」。
でも、デオドラント作用を併せ持っているのはサイプレスとクラリセージで、スパニッシュセージにはないみたい。
デオドラント作用は他の精油で補う事にして、今回はサイプレスとスパニッシュセージを使います。

残り3つの精油を見ると、レモンは「燥」ですが、ゼラニウムとネロリは「湿」。
ゼラニウムとネロリは、「肌をきれいに」 + 「デオドラント」で選んだものでした。
肌に優しいのは主にフローラル (花) の香りの精油ですが、花の精油の性質は「湿」なんですよね。
肌にも優しくてデオドラント作用もあり、更に「燥」の性質を持つ精油。
そんなに都合良く全てを持ち合わせている精油なんてあるわけないか、と諦めかけましたが、ありました!!

ラベンダー

ラベンダーは原液でも肌に塗れる程肌に優しく、デオドラント作用もあります。
そして花の香りの精油の中で、唯一「燥」の性質を持っています。
頭痛にラベンダー、火傷や日焼けにラベンダー、不眠にもラベンダー、とラベンダーは万能薬なんですが、こんなところでも台頭して来るラベンダーってホントにすごい! 敬意の念を新たにしました。

最初に制汗作用で選んだサイプレスも、樹木類の香りの精油の性質は「燥」の中で唯一「平」、前回使ったクラリセージも、ハーブ類の香りの精油の性質は「燥」の中で唯一「湿」です。
精油の香りと性質にはほぼ似通った傾向があるのですが、その中で、ラベンダー、サイプレス、クラリセージは特異な性質を持っている精油ですね。面白いなぁ。

というわけで、今回選んだのは以下の4つ。

・サイプレス
・スパニッシュセージ
・ラベンダー
・レモン


もう一つくらい加えようかなぁとも思ったのですが、ブレンドファクターを見てやめました。
ブレンドファクターとは、精油の香りの強さや濃度、皮膚刺激に対する安全性などを考慮して経験的に定められた値です。例えば刺激の強いペパーミントは1, 刺激の優しいラベンダーは7, といった具合です。
私はアロマセラピーではスタンダードな考えだと思っていましたが、ロンドンの ITHMA では、「ブレンドファクター」と言っても「何それ?」という感じだったので、そうでもないのかもしれません。
考えてみると、ブレンドファクターはアロマセラピーの権威
Robert Tisserand氏が考案したもので、私が日本で学んだ日本アロマコーディネーター協会 (JAA) もそれに則っていましたし、なんと言っても師である深野先生が Tisserand Institute の卒業生なので、その影響もあるのかもしれません。
今でも私は精油をブレンドする時には、ブレンドファクターを見て滴数を計算してからブレンドしています。
そんなに厳密に計算する必要はないと思いますが、以前マッサージオイルにイランイランを入れ過ぎて自分で気持ち悪くなってしまった失敗等もあるので、やっぱり最低限のブレンドの調整は必要だと思います。

今回作るジェルの容器は30mlで、精油は3%の濃度にするので18滴入れる事になります。
上の4つの精油のブレンドファクターを見てみると、

・サイプレス 5
・スパニッシュセージ 3
・ラベンダー 7
・レモン 3


合計すると18なので、計算しないでブレンドファクターの滴数をそれぞれ入れればいい事になります。
なんだそんな事か、と思われてしまうかもしれませんが、結構嬉しいものなのです。もう一つ精油を追加するのはやめにしました。

容器にジェルと精油を入れて、とどめはもちろん英国仕込みの激しいシェイク!



きれいにできました。
一緒に写っているのは友人が作ったハリネズミ。可愛いでしょ?

香りはかなりスッキリ!
今回の方が夏向きだったかもしれません。 (トホホ。) 来夏の参考にします。
夏にはレモンをデオドラント作用のあるレモングラスに替えたり、また再考の余地はありそうです。

スポンサーサイト

<< 12/14 (日) クリスマス ハピコマルシェに向けて | ホーム | ハンガリーウォーターで作る化粧水 >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。