プロフィール

SandDollar

Author:SandDollar
アロマセラピストのりえです。
茅ヶ崎海岸まで徒歩 5分の所で、プライベートサロン Sand Dollar を営んでます! 趣味はヨガ、波乗り。
sanddollarchigasaki.web.fc2.com/
Sand Dollar Facebookページ
Sand Dollar on Twitter

カテゴリ

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

梅仕事

梅の季節ですね。
毎年 6月 11日頃が二十四節氣の「入梅 (にゅうばい) 」で、梅の実が黄色く色付き、梅雨入りする頃を示します。今年は 6月 10日です。

昨年の今頃、よく行く近所の八百屋さんで、粒揃いの梅が置いてあるのを見かけました。
梅酒とか梅干しとか作ってみたいなぁと思ったのですが、容器や材料なども揃えないといけないし…と二の足を踏んでいるうちに梅の季節は終わり、しばらくしてうちにお酒のジンが残っていることを思い出し、そうだ! 来年はこのジンで梅酒を作ろう、と思ったのです。



梅と言えば紀州の南高梅が有名ですが、こちらは小田原の曽我の梅。紀州の梅より親近感が湧きます。
一晩アク抜きをしている間に材料を揃えました。容器はシンプルな無印良品のものを買いに。茅ヶ崎ラスカに無印が入って良かった。



ホシを取っているところ。もっと大変なのかと思ったけど簡単ね。
子どもの頃は家で母が梅酒を作っていたので見慣れてはいますが、自分で作るのは初めて。



手前がボンベイサファイアのジン。瓶が薄雲っているところに長い年月を感じます。やっと日の目を見たね。
ジンはボトルに半分くらいしかないので、どうせなら何種類かのお酒で漬けてみることに。すっきりとして癖のなさそうなウォッカと、逆にコクが出そうなウィスキーを選びました。
ウィスキーはヒゲのおじさんのブラックニッカ。父が愛飲していたので見慣れていて、売り場で自然と手が伸びました。



氷砂糖と一緒に漬け込んで、三種類の梅酒を仕込みました。出来上がりが楽しみ!

今まで、お味噌納豆や豆乳ヨーグルトやアンチョビなどを作ってますが、私はこういうものを作るのが好きなんだなぁと、最近ようやく分かってきました。以前から嫌いではありませんでしたが、お勤めしていた頃だったら絶対にできませんでしたね。なぜなら魂が疲弊していたから。
そんなに激務ではなかったし、たまに残業はしてましたが、梅酒を作る時間がない、ってほどではありません。でも、梅酒を作ってみようかな、と思う心の余裕がありませんでした。そんなの面倒臭い…。
まあ、私は今でも面倒臭がりですけどね。でも魂が疲弊していた頃は、もっと多くのことを面倒に感じていた氣がします。ちょっと手間暇と時間をかけて何か作ることを楽しめるようになり、なんだ、私ってそんなに面倒臭がりじゃないじゃん、とちょっと驚いています。もしいろんなことが面倒で仕方ない方がいたら、もしかしたらそれは魂が疲弊しているのかもしれませんよ。

お味噌や梅酒など、すぐできるのではなく、ちょっと時間がかかるもの。誰かが「タイムカプセル感が好き」と言ってましたが、私もそうかも。
「そんなに待てない! 」と言うそこのあなた。あまり急ぐと早く歳をとるので要注意です。
「東京はみんなが急いでいて時間が早く流れている。だからその分早く歳をとる。」とは私の好きなミュージシャンの言葉。
物凄い納得!!


スポンサーサイト

<< 皐月新月アロマワークショップ | ホーム | 鎌倉 “一期一会” に出店しました! >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。